スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父との別れ。

ある方が、お父さんをゆっくり偲ぶことが出来ますように・・・

っとメールでありました。

偲ぶ・・・・懐かしむ。。。

父が死んで一週間以上が経つけど、未だどことなく父が死んだ事が信じられずで、

テレビを見て大笑いしたりもするんだけど、あれからすっかり

救急車のサイレンの音が嫌になったり。。。

毎日、父をこんなに思ったことなかったね。(ごめんお父さん)ってくらいに

考えてしまう。

でも何も思わないように、ブレーキをかけてしまう自分がいる。

偲ぶことの難しさを実感中の私です。

そんな中、父との最後の思い出をブログに載せようとするのは、結構辛いわ。

涙涙で先に進まない。

その反面、ブログに載せることで心の整理が出来ていい感じでもある。

後は・・この悲しさが癒えてくれるのを時間にお任せするだけ。




相変わらず意識は戻らないまま、呼吸だけ少し辛そう。

姉が仮眠を取りに家に帰り、病室には父と私・・・・・・また泣いてしまう。

昔ながらの父の知人が会いに来てくれた。お父さん分かってくれていたのかな。



日付けも変わり1月11日・・・・30分ほど簡易ベットに横になった姉。

姉と代わり私も横になる。眠れないけど、身体を真っ直ぐにして気持ちかったな。

看護士さんが父の様子を診に来てくれた気配。反対に気を遣わせてしまうだろうと、

病室を出るまで起きずにいた。出て行ったので起き上がろうとするんだけど、

うっっ。。身体が痛いなぁ?って思っていたら、「お父さん」・・・姉の声に飛び起きる。

「呼吸が変じゃない?」「今までと違うよね?」「看護士さんに言う?」「どうしよう」

私が返した言葉は全部「分からない」だった。。。分からない訳じゃない。怖かった。

いよいよ来てしまったんだと思って。

姉が「お父さん、よく頑張ったね。ごめんね。引き止めちゃって。もういいよ」

って頬を撫でているのを聞いて見て。たまらず。。というか逃げた。病室内のトイレに。

トイレから出ると慌しく看護士さんが部屋に入ってきた。姉が言いに行ったのだった。

その後、先生が来て・・・死亡の確認がされた。

1月11日・・・1時過ぎに父永眠。。。

「はる、お父さんに何か言うことは」って言われたけど、お父さんの手を握ってしばらく

泣いてたな。。。もう別れ言ってたもんね。日中、病室で父と私の2人の時に、

父の苦しそうな呼吸を見てたら、涙が出て来て・・・もうこれ以上お父さんが苦しむ

のならば、お婆ちゃん迎えに来てってお願いしている自分がいた。

これも今思えば、逃げだったかもしれないんだけど・・・・。

ひとしきり涙した後は姉も私もケロッとしてたな?

あっという間に、葬儀屋さんが来て軽い打ち合わせをして・・・・。

父の体を看護士さんと一緒に拭かせてもらって・・・・

父に話しかけながら途中はみんなで笑ったりして。

だって未だお父さん、暖かいんだもん。死んだなんって思えなくって。

でも背中を拭いた時に傷があったから、聞いたら心停止した時に電気ショック?

した時に出来た傷だって説明してくれた。それだけ強い電流が父に流れたんだね。

お父さん、痛かっただろうな。すげぇがんばったんだな。

この時未だあけっらかんっとしていた私も、白い布でグルグル巻きにされ、顔には

白い布をかけられた父を見た時には、あっあれじゃお父さん苦しいじゃん。

死んだっ人みたいじゃんって、その布取ってしまいたかった。

母がいなくなって約16年、父、姉、私の3人だけで生活したのは8年。

色んなことあったけど、仲がよくって・・・・。

ここ2年くらいは、我侭も凄くて尊敬していた父だけに苛立つこともあったりして。

私はアンタの妻じゃないって、心の中で何度も叫んだ事があった。

病室で寝ている父を見て、ウザイと思ってしまった事がある事を深く反省も

したけど、今となればそのウザイと思うのも、父が、私が生きているから

こそ抱ける感情なんだよね。死んでしまえば・・・・。

もう1度だけ、お父さんって言いたい。「うんっ?何?」って父の声が聞きたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ずっと読ませていただいてました。途中でコメントもできごめんなさいね。
突然だったのですね。
あのね、とてもとても失礼かと思うのですが、
はるさんの言葉、お気持ち、この日の経過の中で思われたこと、
りゅうのあの日とダブルの。
犬と一緒して大変申し訳なく思うのですが、でも、最愛の。。。なんですよね。

こうして日記に書いておこう。。。
書いてると、あの日に戻れてるような気がして、一生懸命になれて、でも辛くて。
どこか誰のこと?って遠くに思ったり、急に涙でたり・・・

不安で不安で、黙っていられなかったお気持ち、
お姉様がお父様にかけられた言葉、
妙にあっけらかんとされるお気持ち・・・私も同じなんです。
電気ショック、お父様、頑張られましたね。
最愛の娘さんお二人に見守られて、お父様、きっとお幸せです。
当日より今、そしてこれからの方が、お寂しさを強く感じられるかもしれません。
あんまり泣いてはいけないとも言われますが、
涙が出るときは出るんですよね。
今は気持ちがしたいように、たくさん泣いたり、でもいつものように笑ったり。。。
そしてまた泣いたり。。。
きっとそれでいい時期なんだと思います。

言葉に出せなかったことも、今、こうして書かれたから、お父様も読まれてるよね。
きっとはるさんのお気持ちも、よく解っておられると思います。
お返事も、きっとなさってると思いますよ。

以前、はるさんが帰られたとき、お寿司握ってくださってて、羨ましかったです。
優しいお父様。。。
どうぞ安らかにとお祈りさせて頂きます。
はるさん、身体、大事にしてね。





何かすごく分かりますよはるさんのお気持ち。
私も未だに父の作った短歌の本を読むと言うか見ただけで涙が溢れ出て
全然読めません。封印してます。もういなくなって17年も経つのに。
主人のキーホルダーも見ると泣けるので処分してしまいました。
親子3人で暮らされたから余計親子の絆も強いのでしょうね。
うちも3人だったから良く分かります。
無理にどうのこうのされなくても自然に任せられた方が楽ですよ。
多分日常的な事をされてたら月日は流れますし。
大事なお子さんを育てられないといけないから
それがお父様の願いでもあると思います。
いつでも側にいらしてくれるからきっと心の励みになって下さいますよ。

No title

 お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。
涙が止まらなくて、なんて言葉をかけたらいいのか分からなくて、
遅くなってしまいごめんなさい。

はるさん、ゆったり目をつむってどうか体を休めてね。
お父さんの声を聞いて、お父さんの匂いをかいで・・。
お父さんはこれからもずっと、はるさん姉妹のそばにいてくれるのだから。


 

はるさん、お久しぶりです。お父上様のこと、お悔やみ申し上げます。
読ませて頂いて、はるさんとお姉上様がふたり寄り添ってお父上様を見送られるご様子に、涙が出ました。今までもそうして色々な事を乗り越えてこられたのでしょうね。お父上様もそれを心強く思われて、旅立たれたことと思います。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございます。

poppoママさんへ

お返事が遅くなりました。
どうか申し訳なく思わないで下さい。ママさんのお気遣いあっての事なのは分かる
んですけど、人間の命も犬の命も同じですもんね。父は生前、犬が大好きでしたので
父もきっと嫌な思いはしないはずです。
むしろ、同じ気持ちというのが、私の心をずっと楽にさせてくれて・・・・心から感謝の
気持ちでいっぱいなんです。
それに、泣いたり笑ったり・・・・・それでいい時期。この言葉すごく嬉しかったです。
優しいママさんのことだから、私の思いや、りゅうくんのこととだぶり、また心痛めて
いないか心配しつつも、とても感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
火曜日・・・正式に決まるのでメールをさせてもらいます。宜しくです。

心強いです。

猫の妖精さんへ

妖精さん。ありがとうございます!!
poppoママさんへのコメントでも書かせてもらったんですけど、
今の私にとって、気持ちを分かってもらえることが何よりも、
嬉しく、心が落ち着きます。
しかしながら、妖精さん・・・17年経った今もなんですね。それだけお父様との
絆が深かったんですよね。妖精さんのコメントを読ませてもらって、
17年経っても心寂しく涙をするんだと、胸いっぱいになりつつも、ずっとそんな気持ち
でいたい気もするんです。
じゃいにも姪っ子に随分と心救われました。子供って凄いですね。
本当にありがとうございます。

嬉しい。

まいるままさんへ

あっ。まいるままさんがコメント・・・・マジ嬉しい。。。なのに、返信が
遅くなってしまってごめんです。
やっぱり、ままさんってホントに優しい方だな~
一緒に悲しんでくれて、ありがとうです。泣かしちゃって悪かったけど、
悲しさ半分っこしてくれて、感謝です。

今月はお会い出来るといいなぁ~~♪

ご無沙汰してました。

ひゅうさんへ

こちらこそ、ご無沙汰していました。お元気でしたか?

父へのお悔やみの言葉。どうもありがとうございました。
いえいえ。最後の最後で逃げました。私・・・・・情けない娘です。
時間が経つに連れて、反省してばかりです。
でも今私に出来るのは、真っ直ぐ父が心配しないように生きて行くことしか、
出来ないので頑張ります^^

No title

お悔やみ申し上げます。
辛いのも悲しいのも家族だからこそだと思います。
元気で幸せでいること、これが最大の親孝行なんだと
思います。

No title

お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。
はるさん、お姉さま、そしてお父様お疲れ様でした。
お父様、今は痛みも苦しみもない世界で穏やかに過ごされていることでしょう。
人間というのはいつかは老いて亡くなっていくものです。
やり残したこと、思い残したこと、伝え切れなかった言葉、すべてを抱えてこの世からお別れしなければいけません。辛いことだと思います。
でも最後のその時に、自分を想って泣いてくれる人が傍にいてくれるというのは幸せなことだと思うのです。
はるさん、お姉さまの気持ちはきっとお父様に届いていますよ。
頭ではもう大丈夫だと思っていても、涙がこぼれるときがあります。
どうかそんな時は自分の気持ちに蓋をせず、涙を流してください。
そしてまた元気な笑顔を見せてあげてくださいね。
お父様ははるさんが笑っている姿が一番だと言われることでしょう。
姿形はなくても、きっと傍にいるのです。

はるさんのこと、よく存じ上げない私がデリカシーのないコメントを寄せることをお詫びします。。

毎日お忙しいはるさん、どうぞ御身体休めてくださいね。

おはようございます♪

ゆきのじょうさんへ

おはうようございます。
ありがとうございます。私もそう実感してます。
父を亡くして1ヶ月が経とうとしてますが、悲しく思えるように
なったのってここ2週間なのでもう少し、うーーんっと悲しんで、
後は、真っ直ぐ歩いて行こうって思っています。

おはようございます。

まるふくさんへ

そんなお詫びだなんって・・・・コメント、お悔やみの言葉をありがとうです。
私もまるふくさんと同じ考えです。しかしながら、父が亡くなってみると、
それだけでは割り切れず、悪戦苦闘中です。自分の心と・・・・。
これじゃ行けないなぁ~なんって焦った自分もいたんですけど、
今は未だ焦らなくていいようなので、大笑いしたり。。。悲しんで涙したり。。。
自分に素直でいます。
色々と私の心を気遣ってのコメントだって、読んでとっても嬉しかったですよ。
まるふくさん、ありがとうございました^^

ブログにコメントを残せなかったけど、チョコたんのお試し生活おめでとうございます。
このまま正式譲渡になることを心を込めて祈ります。
まるふくさんの心は大丈夫かな?私は未だ、預かり子がお家から卒業するのに、
慣れてないです。
プロフィール

 はる

Author: はる
GR レイナ12歳
雑種 さくら6歳
人間 じゃい2歳11ヶ月の母であり、
腹の弱い旦那の妻でもあります。
よろしく。

里親募集中
Image4aagg.jpg
アール里親&応援団募集中です。

リンク先募集

リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。